Unknown-2

文句なく今期ベストワンなのに、視聴率大低迷
ドラマ好きからは大絶賛
先週、今週とWBC放送と被ったので
タイムラインでは視聴難民が発生 
そんな
カルテット 

ほんと素晴らしいです。
なんたって竹薮、リアタイで見て、終わって即、録画を再生して
今、Tverで三度目見てるってくらいです。
まあ、いまオフシーズンで暇だからなんだけど、
オンシーズンでも二回は見ると思います。


キャストがいい。
松たか子/満島ひかり/松田龍平/高橋一生/もたいまさこ/宮藤官九郎
その他、みんないい。

時々とんでもなゲストが出て、高橋源一郎とか坂本美雨とか
それも楽しみで

音楽がいい。
弦楽四重奏で演奏されるドラクエのテーマとか
色々な曲が楽しい。

で、エンディングのキャストによるテーマ
椎名林檎作の「大人の掟」これがまたいい。

衣装もなんか楽しみ
満島ひかりのサロペットのポケットとか
高橋一生のソックスの中に入れられたズボンの裾とか

もう視聴者は画面の隅々まで目を皿のようにして見てる。
例えば、#9でアリスが投資してる株が急落。
スマホの画面を見て絶望してるとこ。
C64z7DHU4AADbhr
この銘柄1120は架空のものだけどChlorocebusというのは#6に出てくるお猿さんの学名だって。そんなことがたちまちのうちに調べられてタイムラインに上がってる。それくらい何ひとつ見逃すまいとしている。

で、何と言っても脚本がいい。 
坂元裕二作品

坂元裕二といえば、
まず、1991 東京ラブストーリー
このころは育児真っ只中で竹薮は未見
でも名前を意識したのは
2007 私たちの教科書
2010 チェイス国税捜査官/Mother
2011 それでも、生きていく
2013 最高の離婚/ Woman
2015 問題のあるレストラン
そして
2016 いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう  

いずれ劣らぬ名作で、何度も思い出すだろう作品たち。

カルテットはこれまでとちょっとちがうことをテーマにしてると思う。
逆説的なポストTruthというか。
東京ラブストーリーは知らないけど、これまでの作品はそれぞれなんらかの困難があって、それを真正面から描いてきました。それに対して今回はその色々な問題を抱えた人たちの「その後」の「出会い」から始まります。

で、それぞれの過去はちょっと置いとくので「嘘」になる。
その上で選び取られた関係が大切に大切に紡がれていく。

#9では松たか子演じる早乙女真紀が、実は戸籍を買ってなりすましたもので、本当は山本明子だと告白されます。これは通常は犯罪です。通常はというのは世の中のルールではということです。

でもカルテットにおいては、それが何?
果たして、チェリストのすずめちゃんは「どうでもいい」と言いきります。カルテットにいた真紀さんはみんなのこと好きだった。それはこぼれるほどにあふれていた。こぼれたものが嘘のわけがない。そのことを私たちは知っている。だから信じて欲しいかどうか。そこが大事。もし、信じて欲しいとあなたがいうなら、前に進むことができる。

満島ひかりのシンプルな説得と
松たか子の「信じてほしい」は絶妙で
いやあ、いいものを見せてもらいました。

思えば、もうすでに社会の底は向けています。
例えば、
山本明子が早乙女真紀になれたように、
本当のことってわからない。
あるいは、山本明子が山本明子だってことだって、
それが本当ってどういう意味だろう。
私は本当に望んで山本明子なんだろうか。
山本明子の意味するところはなんだろうか。
ひょっとして私は本山明子じゃなかろうか。
で、本山明子ってなんだ?

要は、「私は私である」「ということにして」
「棚に上げて」毎日を送っているのです。

それなら、自分でなりたい自分になればいい。
そしたら、それが本当に自分になる。

ここで大事なのは、その自分を誰と共有するかってこと。
信じてくれる人がいないと真実にはならない。

アリスとの違いがそこに際立つ。
アリスの嘘は、誰とも共有していなかった。
だから騙したことになる。

でも、真紀さんにはカルテットがあった。
カルテットは四人いてカルテットで、だから本当になる。

この辺り、胸が温かくなります。

思えば、問題のあるレストランあたりから坂本作品は群像劇になってますね。
で、今回は見事に世の中とは別の真実を作り上げました。

真紀さんの「元夫」は「僕に知ってる真紀ちゃんはそういう人です」といい、姑は世の中の常識と自分の気持ちの間で迷います。

世の中ではどうであれ、わたしはこう。わたしたちはこう。
これがポストTruthの今だけでなく、
いつもいつも、幸福に至る道だとカルテットが言ってます。

さて、一年後の最終回。
真紀さんが「ちょっと行ったお手洗い」から戻ってきます。

何を見せてくれるんでしょう。
本当に楽しみです。