ほぼほぼドラマレビュー

ドラマが大好きです。地上波、BS、海外ドラマ、何でも見ます。で、なんか書きます。どうぞご贔屓に。

カテゴリ: 脚本家

ひよっここの春は朝ドラが大当たりで
そうです。ひよっこです。 

ここんとこずっとそうだったみたいなモデルになる人物はいないです。 
モデルは昭和です。
丸ごと全部昭和なんです。
あの時代の空気感、あの時代の皮膚感覚を表しています。

でも簡単に昭和って言っちゃっていいかなと思います。

四月三日から始まって、もう3分の1すぎちゃったんだけど、
まだまだ3分の1で、その3分の1で、どれだけいわゆる神回があったか。
もう記憶が曖昧になっているので、特に強力なのは
稲刈りのシーン。
15分間ずうっと稲刈りだった。
近所や親戚、家族全部で稲を刈っていく。
一年の田んぼの労働の集大成としての稲刈り
その晴れの感じが画面いっぱいに溢れます。

有名になったのが、茨城は「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」ですの回

ヒロインの谷田部みね子の母美代子さんが上京して警察を訪ね行方不明になった夫を探して欲しいというシーンです。
私は出稼ぎ労働者を一人探してくれと頼んでいるんではありません。ちゃんと名前があります。茨城の奥茨城村で生まれて育った谷田部実という人間を探してくださいとお願いしてます。ちゃんと、ちゃんと名前があります。
ここがもう涙を絞りました。
これは人間の描き方のイロハのイです。ラベルを貼るんじゃなくて、ひとりひとりをちゃんと見ろと。そこを完璧にやりきりました。そして、当時の社会構造の中で人間を見る視点が失われていることと、一人の農家の女が主張する姿が見事でした。

それから、お歳暮のシーン

稼ぎ頭が行方不明になっている谷田部家は年越しに困るだろうと、美代子の友達、君子がお金を渡そうとします。美代子は友達だからこそ貰えないと固辞。すると君子さんはまた来るからと言い残してさり、もう一度来た時には背負子いっぱいに、鮭だの昆布だの、醤油だのいっぱい詰めて来て、「今年もお世話になりました。これは我が家からのお歳暮です。どうぞ受け取ってください」と挨拶するのです。これに対し、美代子は涙ぐみ、「ありがたくいただきます。来年もどうぞよろしくお願いします」と挨拶を返します。

お見事でした。
型どおりの挨拶というのは、いうに言われぬ思いを伝えるためにあるんだなと知りました。
これまた泣けました。

もう書きはじめるとキリがありません。 

村に一台走るバスの車掌さんの仕事への思い
東京の洋食屋さんで、コロッケ一個の注文に応じる姿勢
もう、たくさんたくさん書きたい。

そこにあるのは三丁目の夕陽的なノスタルジーではなく
人間の暮らしへの確かな視線なのです。

戦争の影もしっかりあります。
あるいは高度経済成長の裏でどんなことが起こっていたのか。
そうそう、失踪した実さんの暮らしていた部屋の有様には息を飲みました。
昭和30年代でドヤ街でもないのに、全くのタコ部屋でした。
イメージを持っていなかったので、驚きました。
そういう意味では、戦後の日本の庶民の暮らしを丁寧に描くことで
あの時代の総括になっているのかもしれません。

今日は、女工さんたちがお盆休みに海水浴に行こうと
水着を買うことにワクワクしてて
寮母さんは戦争で許嫁を亡くした人で
「生きてる人は楽しみなさい。
 私はお盆は泣いて泣いて、それからしっかり食べるの!と宣言します。

脚本は岡田惠和さん
朝ドラは、ちゅらさん、ひだまりに次いで三度め
しかし、ここ一、二年 進境著しいと思います。
昨年の「奇跡の人」も本当に見事でした。
奇跡の人で主役だった峯田和伸さんがひよっこにもヒロインみね子のおじさん役で出ています。


で、ひよっこですが
行方不明のお父さん、実さんが感じ変わって再登場
今週はどうなるかが期待されます。

朝7時半からBSで
8時から総合で
昼12時45分から総合で
夜11時半からBSで
計4回放送されます。

どれかでぜひご覧ください。




 


Unknown-2

文句なく今期ベストワンなのに、視聴率大低迷
ドラマ好きからは大絶賛
先週、今週とWBC放送と被ったので
タイムラインでは視聴難民が発生 
そんな
カルテット 

ほんと素晴らしいです。
なんたって竹薮、リアタイで見て、終わって即、録画を再生して
今、Tverで三度目見てるってくらいです。
まあ、いまオフシーズンで暇だからなんだけど、
オンシーズンでも二回は見ると思います。


キャストがいい。
松たか子/満島ひかり/松田龍平/高橋一生/もたいまさこ/宮藤官九郎
その他、みんないい。

時々とんでもなゲストが出て、高橋源一郎とか坂本美雨とか
それも楽しみで

音楽がいい。
弦楽四重奏で演奏されるドラクエのテーマとか
色々な曲が楽しい。

で、エンディングのキャストによるテーマ
椎名林檎作の「大人の掟」これがまたいい。

衣装もなんか楽しみ
満島ひかりのサロペットのポケットとか
高橋一生のソックスの中に入れられたズボンの裾とか

もう視聴者は画面の隅々まで目を皿のようにして見てる。
例えば、#9でアリスが投資してる株が急落。
スマホの画面を見て絶望してるとこ。
C64z7DHU4AADbhr
この銘柄1120は架空のものだけどChlorocebusというのは#6に出てくるお猿さんの学名だって。そんなことがたちまちのうちに調べられてタイムラインに上がってる。それくらい何ひとつ見逃すまいとしている。

で、何と言っても脚本がいい。 
坂元裕二作品

坂元裕二といえば、
まず、1991 東京ラブストーリー
このころは育児真っ只中で竹薮は未見
でも名前を意識したのは
2007 私たちの教科書
2010 チェイス国税捜査官/Mother
2011 それでも、生きていく
2013 最高の離婚/ Woman
2015 問題のあるレストラン
そして
2016 いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう  

いずれ劣らぬ名作で、何度も思い出すだろう作品たち。

カルテットはこれまでとちょっとちがうことをテーマにしてると思う。
逆説的なポストTruthというか。
東京ラブストーリーは知らないけど、これまでの作品はそれぞれなんらかの困難があって、それを真正面から描いてきました。それに対して今回はその色々な問題を抱えた人たちの「その後」の「出会い」から始まります。

で、それぞれの過去はちょっと置いとくので「嘘」になる。
その上で選び取られた関係が大切に大切に紡がれていく。

#9では松たか子演じる早乙女真紀が、実は戸籍を買ってなりすましたもので、本当は山本明子だと告白されます。これは通常は犯罪です。通常はというのは世の中のルールではということです。

でもカルテットにおいては、それが何?
果たして、チェリストのすずめちゃんは「どうでもいい」と言いきります。カルテットにいた真紀さんはみんなのこと好きだった。それはこぼれるほどにあふれていた。こぼれたものが嘘のわけがない。そのことを私たちは知っている。だから信じて欲しいかどうか。そこが大事。もし、信じて欲しいとあなたがいうなら、前に進むことができる。

満島ひかりのシンプルな説得と
松たか子の「信じてほしい」は絶妙で
いやあ、いいものを見せてもらいました。

思えば、もうすでに社会の底は向けています。
例えば、
山本明子が早乙女真紀になれたように、
本当のことってわからない。
あるいは、山本明子が山本明子だってことだって、
それが本当ってどういう意味だろう。
私は本当に望んで山本明子なんだろうか。
山本明子の意味するところはなんだろうか。
ひょっとして私は本山明子じゃなかろうか。
で、本山明子ってなんだ?

要は、「私は私である」「ということにして」
「棚に上げて」毎日を送っているのです。

それなら、自分でなりたい自分になればいい。
そしたら、それが本当に自分になる。

ここで大事なのは、その自分を誰と共有するかってこと。
信じてくれる人がいないと真実にはならない。

アリスとの違いがそこに際立つ。
アリスの嘘は、誰とも共有していなかった。
だから騙したことになる。

でも、真紀さんにはカルテットがあった。
カルテットは四人いてカルテットで、だから本当になる。

この辺り、胸が温かくなります。

思えば、問題のあるレストランあたりから坂本作品は群像劇になってますね。
で、今回は見事に世の中とは別の真実を作り上げました。

真紀さんの「元夫」は「僕に知ってる真紀ちゃんはそういう人です」といい、姑は世の中の常識と自分の気持ちの間で迷います。

世の中ではどうであれ、わたしはこう。わたしたちはこう。
これがポストTruthの今だけでなく、
いつもいつも、幸福に至る道だとカルテットが言ってます。

さて、一年後の最終回。
真紀さんが「ちょっと行ったお手洗い」から戻ってきます。

何を見せてくれるんでしょう。
本当に楽しみです。



就活家族〜きっと、うまくいく

Unknown

ラストシーンに驚いた。
そういうことだったの?

ラストシーンは川と家と家族だった。
その映像から、40年前の「岸辺のアルバム」を思い出さずにはいられない。
就活家族の脚本家 橋本裕志は1962年生まれだ。「岸辺のアルバム」放映当時は15歳。15歳の男子があの番組を見たかどうかはわからない。しかし、脚本家を生業とする以上、ホームドラマを破壊したに等しい山田太一の問題作を知らないわけがない。

毎回、オープニングで多摩川の堤防が決壊して住宅が流されるニュース映像が流される。見るものはその結末を知った上でドラマの進行を見る。最終回、本当に主人公一家の家が流される。家族が必死に持ち出したものは一冊のアルバムであった。果たして一家はアルバムの中にしか残っていないのか、あるいはアルバムを拠り所として立ち上がるのか。どちらとも言えずドラマは終わる。

あれから40年。
あの家族の息子(国広富之)は、就活家族の父親(三浦友和)世代だろう。
そう思って昨日のラストシーンを見るとなんとも言えない。

こっそりラブホで密会を重ねていた八千草薫(当時46歳、専業主婦)に対して、黒木瞳は教員という仕事を定年まで勤め上げ、夫に離婚を言い渡し、新しい仕事にやりがいを見つける。ずっと若い。他の家族もだが、40年前の家族の秘密は、それこそ秘密にしなければならない性体験だった。40年経って、性の問題はグッと相対化され、仕事と家族に焦点が当てられている。そして結論は、仕事も家族もだ。

なんというか、時代は進んだんだとホッとした。
娘も息子も本当頼りないけど、まあいっか。
時代は進んだ。
何か見えそう。

そんなエンディングだった。

これは脚本家、橋本の山田太一へのアンサーなんだな
もちろん、私の勝手な思いだけど。
最終回のラストシーンでようやく膝を打ったので
もう一度、見直してみようとおもった今朝。 

 ***************

今日これまでに見たドラマ

ごちそうさん
 おかしいと思ったら言わないかん。 
 偉い人は聞く耳持たなあかん。
 無責任すぎたんやな。

 め以子さん、70年経ってますます無責任です(爆涙)

べっぴんさん
 思い出します、オイルショック。
 あれから40年。まだまだ反省してません。
 早く、大きく、もっともっとをいい加減やめなあかんよね。

嫌われる勇気
 う〜〜〜〜〜ん。

科捜研の女
 見ちゃうんだよねえ。なぜだろうね。

DVD ディストラクション・ベイビーズ 
 う〜〜〜〜〜ん。
 向井の約束は非常に良かった。
 

このページのトップヘ